記録映画のインドネシア語への翻訳お手伝い

2013年12月29日 | in ニュース

高木久美子先生から依頼を受けドキュメンタリー映画「僕のうしろに道はできる」(文部科学省特別選定)の日本語からインドネシア語への翻訳(一部)のお手伝いをすることになりました。翻訳担当者は当NPOの「看護と介護の日本語教室」参加者6名(ロフィックさん、デシイさん、オビさん、デヴィさん、エリサさん、ウイディアさん)と四日市社会保険病院のミラさんです。