「ASEANにおける介護人材の確保と育成」に関する調査研究について一般財団法人MRAハウスより助成金をいただくことになりました。期待にそえる研究となるよう力を尽くします。

 

平成28年3月12日に開催された第26回日本医学看護学教育学会学術学会において「経済連携協定に基づくベトナム人看護師候補者の国家試験対策に関する研究」について発表しました。

2016.3.12日本医学看護学教育学会抄録(26回)

日本医学看護学教育学学会ポスター

/・27年度スピーチ大会参加者は、外国人13名(インドネシア人6名、フィリピン人4名、ベトナム人3名)、日本人12名でした。

スピーチをした方とテーマは次のとおりです。人数は少ないのですが、なかなか内容が濃く充実していました。

1 ワーユー スリスティアントさん  「仕事と国家試験の勉強」

2 アルモン チト ティリニダートさん「夢」

3 アイヌール ロフィックさん    「一期一会」

4 ルシ フィトリアニさん      「何故外国人看護師は辞めるのか」

5 水嶋真子(ファティマ)さん    「命」

 

・スピーチのあと「EPAについてどう思っていますか」というテーマで話し合いをしました。EPA制度については「いい制度だと思っている」、「続けてほしい」であり、残念ながら批判的な意見を聞くことができなかった。ただ、「合格後家族を連れてきたいのでそれに対するサポートをしてほしい」という意見があった。

実は、あらかじめアンケート調査を実施したところ、「EPA候補者になることを後輩にすすめますか」という問いに対し「すすめない」、「わからない」という回答があったが、回答者はスピーチ大会に参加しなかった。定住外国人からは「EPAの方は勉強の時間が十分あって羨ましい、介護の仕事をしながら勉強するのはかなり大変である」との発言があった。

・EPAについてのアンケート調査回答(EPA看護師候補者8名、EPA看護師2名、EPA介護福祉士候補者1名) をまとめると、1.EPAのいいところとしてJICWELSが関与している8名、国が関与している3名、2.好ましくないこととして国家試験合格率が低い5名、3.合格後に望む支援として日本語教育7名、日本文化・社会を知る6名、コミュニケーション力を上げる8名であった。なお、アンケート回収率は55%(11/20) であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当法人が開催する日本語学習教室や国家試験対策学習教室への参加者がスピーチをします。当法人の教室に参加されたことのない外国人の方もどうぞふるってスピーチに参加ください。また多くの皆さまにお越しいただき聴いていただきますようお願い申しあげます。外国の方を理解するいい機会だと思います。

日時:3月19日(土) 13:00~16:30

 

当法人(とうほうじん)では2013年9月より「定住外国人(ていじゅうがいこくじん)のための介護福祉士受験対策講座(かいごふくししじゅけんたいさくこうざ)」を開講(かいこう)しております。2015年には1名が合格しました。本年度(ほんねんど)は火曜日(かようび)の講座(こうざ)を新設(しんせつ)します。受講希望者(じゅこうきぼうしゃ)はホームページからメールで、または電話(でんわ)(03-5499-0737)でお申込(もうしこ)みください。

1 土曜日(どようび)クラス

日時(にちじ):2016年2月~2017年1月  毎週(まいしゅう)土曜日(どようび)10:00~16:00

場所(ばしょ):東京衛生学園専門学校(とうきょうえいせいがくえんせんもんがっこう)、〒143-0016大田区(おおたく)大森北(おおもりきた)4-1-1 JR大森駅(おおもりえき)東口(ひがしぐち)徒歩(とほ)5分(ふん)

受講料(じゅこうりょう):1500円/日(にち)

 

2 火曜日(かようび)クラス  

日時(にちじ):2016年4月19日~12月20日 毎週火曜日(まいしゅうかようび)13:30~16:40

場所(ばしょ):mics(みくす)おおた、1階教室(1かいきょうしつ)(変わる、かわる、ことがあります)、〒145-0052大田区(おおたく)蒲田(かまた)5-13-26 JR蒲田駅(かまたえき)東口(ひがしぐち)徒歩(とほ)5分(ふん)

受講料:1,000円/日

講義日程

当法人は認定特定非営利活動法人(「認定法人」)として東京都知事により認定されました。認定の有効期間は平成27年12月21日から平成32年12月20日までの5年間です。「認定法人」は東京都の場合特定非営利活動法人の1.8%くらいしかありません。大変重いものです。これは一重に皆さまのご支援によるものと心より感謝申し上げます。今後とも適正な運営と事業活動を進め公益の増進に努める所存にございます。変わらぬご支援とご教示をお願い申し上げます。

理事一同

 

 

 

 

 

経済連携協定外国人看護師の課題について平成26年度調査報告書を作成しました。教育研究所のページをご覧ください。ホームページ不具合のため掲載が大変遅れましたことをお詫びいたします。

 

平成27年5月30日、27年度通常総会を開催いたしました。26年度事業報告書、会計報告書などが承認されました。

26年度活動計算書      26年度貸借対照表      26年度財産目録      26年度計算書類の注記

 

26年度に引き続き27年度も一般財団法人MRAハウスより下記の事業に対し助成金をいただくことになりました。頑張ります。                  事業名:「ベトナムにおける看護・介護教育の現状」―日本の看護・介護者としての適応のために―

当法人の「定住外国人のための介護福祉士国家試験対策講座」受講生のうち最年長者(50代)である今津グロリアさんが第27回介護福祉士国家試験に合格しました。試験を前にした10月にはご主人の手術、11月にはお姉さんと息子さんの病などの困難に襲われましたが、それらにきちんと対応し、そして今日の合格です。見上げたものです。介護福祉士としてもすばらしい活躍をしてくれることでしょう。国家資格を取得したことで給料が上がると期待する彼女の明るい声に胸が熱くなりました。たくさん上がりますように!